2019年版 大原の公認会計士受験シリーズ 短答式対策 財務会計論(理論)

価格: ¥2,160 (本体 ¥2,000)
数量:
在庫: 在庫あり

購入後のご注文取消、お客様都合による返品は承っておりません。

【商品情報】
・ISBNコード:978-4-86486-631-6
・発刊日: 2019年2月20日
・発行元:大原出版株式会社
・判型:A5
・ページ数:227ページ

【内容】
<2019年5月・12月試験対応>本試験レベルの演習に最適!短答対策の総仕上げにはこの1冊!
公認会計士 短答式試験対策「財務会計論(理論)」の問題集です。
基礎的な理解から本番に向けてのより実践的な問題まで、 どのレベルの方にも役立つように幅広く問題を収録しています。
「税効果会計に係る会計基準」の改正,「収益認識に関する会計基準」などにも対応。
この1冊で、短答式試験の得点に直接結びつく学習ができます。

☆こんな方におすすめです☆
・短答式試験対策のために、何から手を付けてよいか悩んでいる方
・問題演習を行いたい、でもどの問題集が良いか悩んでいる方
・実践的な演習を数多く積みたい方

◇本書の特長◇
■最新の会計基準を含む、全100題を厳選
純粋理論問題から会計基準準拠型問題まで、本試験の出題範囲を完全網羅。
従来の頻出論点はもちろん、最新の会計基準も含めて、厳選した全100題を掲載しています。
純粋理論問題から会計基準準拠型問題まで、本試験の出題範囲を完全網羅。
従来の頻出論点はもちろん、最新の会計基準も含めて、厳選した全100題を掲載しています。
実際の本試験に対応した、多様な出題形式の演習ができます。
基本重視の学習にも、本試験レベルの問題演習にも最適な1冊です。

■コンパクトでわかりやすい解説
解説には、参照規定も掲載しています。わかりやすい解説で、解答後にも理解が深まります。

■各年の出題論点がひとめでわかる!「出題論点一覧表」
本試験の出題論点一覧表を掲載しているので、出題傾向がすぐにわかります。

☆財務会計論(計算)の学習には、こちら!
「2019年版 大原の公認会計士受験シリーズ 短答式対策 財務会計論(計算)」

(注)本版の受験年度内における法改正等により掲載内容に変更が生じた場合は、
   大原ブックストアのトピックスにて随時お知らせします。

【目次】
まえがき
本書の特徴と構成、本書の使い方
財務会計論(理論) 出題論点一覧表
※問題編第1章~第22章→解答・解説編第1章~第22章の順で掲載しています。
第1章 財務諸表論の基礎概念
第2章 一般原則
第3章 損益計算
第4章 貸借対照表総論
第5章 資産及び負債の概念
第6章 棚卸資産
第7章 固定資産
第8章 繰延資産
第9章 負債会計
第10章 資本会計
第11章 一株当たり当期純利益
第12章 会計上の変更及び誤謬の訂正
第13章 企業結合会計
第14章 リース会計
第15章 連結財務諸表
第16章 四半期財務諸表
第17章 キャッシュ・フロー計算書
第18章 研究開発費等の会計
第19章 税効果会計、法人税等
第20章 退職給付の会計
第21章 金融商品の会計
第22章 外貨換算会計
解答(キリトリ用)

あなたにおすすめの商品

>会員登録はこちらから

会員登録バナー

社労士テキストと問題集
社労士ツイッター始めました。
よかったら”フォロー”お願いします。
社労士ツイッター

  「もっとくわしく勉強したい」方には、ライフスタイルにあわせて
勉強できる通学講座・通信講座を
ご用意しています。
こちらからどうぞ!

ページトップへ